せせらぎの小道:真珠の首飾り

f:id:kuwanomura:20201201134405j:plain

関係のない話から始める。フェリメール:真珠の首飾りの少女:1662ー64。女性にとって(男性にとっても)真珠の首飾りあるいは真珠は特別な意味を持つ。真珠は永遠に生きて呼吸していると思われているからだ。あるいはそうかも知れない。

f:id:kuwanomura:20201201134838j:plain

菅野睦子作:彫塑:ベアテさん。

ベアテさんとはベアテ・シロタ・ゴードンさんのこと。

菅野睦子編著:新・アートセラピーアートセラピー研究所発行:より

 

それは一つの舞台から始まった

 平成10年、第94回太平洋美術界展の開期が迫る四月初め、私は友人に誘われて、青年劇場の観劇に出かけました。演劇については造詣も深く、生徒への演劇指導においてもベテランの和田さんのお誘いならば、少々の忙しさの中かでも時間を割いてみる価値は大いにあるだろうと思ったのです。

何の予備知識もなく、劇場に着いてみて初めて、私はその劇がジェームス三木作・演出の「真珠の首飾り」だということを知りました。

グレン・ミラーのことかしら・・・」などと思って席に着くと、いよいよ開演です。

舞台は、五十余年前の日本、太平洋戦争敗戦直後の日本国憲法制定の時でもあります。

一人の外国人女性の回想の形で展開される、動きの少ない演劇ですが、内容は歴史的重みに裏打ちされ、どっしりと静かに伝わってきます。
 敗戦直後の日本は、物資は極度に窮乏し、生活も貧しく、人々の心は困難の中にありました。しかしまた、何か新しいものが湧き上がってくるような転機の時でもあったのです。

f:id:kuwanomura:20201201141411j:plain

f:id:kuwanomura:20201201142039j:plain

f:id:kuwanomura:20201201142132j:plain

それから三日間、私は電車に乗り合わせた外国人女性にも、つい目がいってしまうくらいでした。

そして四月二十八日、いよいよベアテさんが来日しての感激の日がやってきました。再び見る舞台は、初めての時とは違って何と大きく見えることか。セリフの一言一言も、舞台のすみずみまで響きわたって生きているようです。

最後に、ジェームス三木さんと並んでカーテンコールで挨拶されたのは、紛れもなくベアテさんーロングドレスをすてきに着こなした、貫禄十分のベアテ女史がそこに立っていました。

終演後、私はベアテさんの著書{1945年のクリスマスー日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝-}を買い求め、サイン会の長い列に並びました。

「すばらしいお芝居でした。この感動を、ぜひ彫刻にしたいと思います!」自分の番が来てそう告げた私に、「あなた、彫刻家ですか。頑張って下さいネ」と、ベアテさんはとても上手な日本語で話されました。

たった一言の、でも貴重なこの会話は、その後の制作に、何と大きな励みと勇気を与えてくれたことでしょう。

f:id:kuwanomura:20201201144142j:plain

ベアテさんは「私はこれをクリスマスプレゼントとして差し上げました。真珠の首飾りです」・・と語っている。

 

私は、思いのたけを込めて、この石膏像を一気に造り上げました。彫りの深いベアテさんの顔立ちは、彫刻家にはとても魅力的でした。

若き日のベアテさん、勇気と理想に燃えて憲法の草案をつくった二十二才の彼女のイメージが、どこまで表現できるか・・・・。

 

私の心をとらえたこの熱い想いが、制作の手をどんどん早めていきました。そして、太平洋美術展の搬入に間に合って出品することが出来たのです。

 

*中学生になったばかりの時から2年間、私は菅野睦子女史に「養母」になって頂いた人生経験がある。常葉町立常葉中学校関本分教場というのが私の入学した中学校です。菅野睦子女史はそこでの美術および国語の教員でした。

この文章を読むとき、その時のことが鮮明に思い浮かぶ。作品制作に没頭する姿はいつも変わっていないことが解る。私の役目は彫塑像の最初の段階、粘土を探すこと、そして丁寧に粘土をこねること。粘土の中に少しの空気も残すことなくしっかりこねること。最後に作品の裏側、目立たないところに菅野睦子女史の名前、それと同じ格付けで私の名前を入れてもらった。勿論ベアテさんの頭像には私の名前はありませんよ。

 

行儀が悪いといってほっぺたを2発叩かれたときがあった。菅野睦子女史の目には一杯涙がありすぎて流れ出ていた。その恩返しをする前に菅野睦子女史は亡くなってしまった。今でも夢に見る。

f:id:kuwanomura:20201201150814j:plain

菅野睦子女史の作品「青い空」。穏やかである、深みがある、慈愛というものを感じる。

f:id:kuwanomura:20201201151430j:plain

f:id:kuwanomura:20201201151452j:plain

上の2枚の写真は菅野睦子女史が自らカメラを持って写したもの。「できが悪い」と語っていた。

f:id:kuwanomura:20201201151649j:plain

太平洋美術展に出品されたもの。「ベアテさん」。

 

*続きは明日にでも。




 

せせらぎの小道:野口清作と猪苗代城

2020年晩秋:猪苗代城祉

f:id:kuwanomura:20201128101134j:plain

野口英世博士生誕のふるさとづくり推進委員会による案内文。大正時代の亀ヶ城という写真入り。人力車と車夫の姿が映っている。

f:id:kuwanomura:20201128101443j:plain

野口英世の首像は猪苗代湖を背中にして古城の本丸方向を見ている。その先に磐梯山の勇姿が迫る。

前面の碑文を見る。

f:id:kuwanomura:20201128101748j:plain

野口は日本でもアメリカでも医師免許証を取得していない。私たちは細菌学者と見ている。ここでは科学者:人道主義者:殉教者です。加州とはカルフォルニア州。1956年11月3日、The Alameda Naval Air Station Association が寄贈。

f:id:kuwanomura:20201128102509j:plain

背面の碑文であるが、もう少し美しく取り付けて欲しかった。

f:id:kuwanomura:20201128102742j:plain

本丸跡から見た磐梯山。清作少年が朝な夕なに仰ぎ見たいわゆる表磐梯の姿。当時は当然のことながら引っ掻いたようなスキー場の姿は望まれなかっただろう。

やはりここは桜の季節とか新緑の季節が心地良い。

 

野口英世博士の墓はニューヨーク郊外ウッドローン墓地にあるが、その墓誌銘は以下の如くです。

HIDEYO NOGUCHI 

BORN IN INAWASHIRO JAPAN NOVEMBER 9 1876

DEAD IN THE GOLD COAST AFRICA MARCH 21 1928

MEMBER OF THE ROCKFELLER INSTITUTE FOR MEDICAL RESEARCH

THROUGH DEVOTION TO SCIENCE 

HE LIVED AND DIED FOR HUMANITY

 

ほぼ猪苗代城にある碑文と同じ内容のことが記録されている。

*実のところ私はアメリカという国に行ったことがない。この記録は「第三藤軒随筆」から拝借した。これは市販されている随筆集ではない。かつて清水台に「安積病院」を建て、院長を務めていた鳥海克己先生の私的な随筆集である。私はこの方に医学というよりは宝生流謡曲を伝授頂いた。お亡くなりになる直前の鳥海先生でしたが、大変に意気軒昂、細かいことはかまわず、謡曲の神髄だけを一緒に学ぼう、という寛大寛容何でもありの御伝授でした。御伝授が終わると「男児は酒を好むものだ」といって無理して私などにつきあってくれた。

私は謡曲の免状は持っていますがからっきし駄目です。しかし鳥海藤軒の最後の直弟子という栄誉は私だけのものであります。(えへん)。なので、鳥海先生の書いた随筆は私が書いた随筆のように思う存分活用させて頂いています。鳥海先生:ドクトルトリノーミはそれを許すだけのユーモア精神がある。笑って:微苦笑して見ているでしょう。

鳥海先生は東京帝国大学夏目漱石先生の英文学の講義を受けている。

 

昭和23年6月23日:藤軒随筆

 英領アラクに建設せられた野口ヤング両博士記念塔には下の銘が書かれているが、原文は手に入らぬ。

「英領アラクに於いて研究中黄熱病の爲に1928年5月21日と29日に相次いで殉職されたるロックフェラー財団野口英世博士と医学研究所の所長ヤング博士の功績を偲ぶ」

 

昭和46年10月3日:藤軒随筆

 野口博士の死因は前述の如く黄熱病であったが、生前には種々の病気に見舞われている。第一次大戦当時(大正6年)、米国に留学した東北大学の山川章太郎教授は、ニューヨークのロックフェラー研究所に出入りし、野口博士の病気を診察した。彼が当時、秦夫人に書いた手紙の一部を抄録してみると「・・・野口博士は目下重症だ。当市第一流の内科医が永く見て診断がつかず、ついに俺が一見してチフス又は類似症と診断し、更に血清診断してパラチフスと決定し、毛唐の医者共を驚かしてやった。所長はじめ一同おれの診断には敬服している。パラチフスだから生命の危険はあるまいと思うが、然し野口は大動脈不全閉鎖という難病を持っているから心臓からやられるかも知れぬ。今死なれると日本のためにも惜しいし、おれも漸っと(やっと)論文を書き終わったところだから、その処置に一寸困る。治療は毛唐医に任してあるから責任なし。・・・近来内科医として盛名を博し頼まれて面倒臭くてコマル。・・・・」

山川先生異郷に於いて盛名を博し、得意思うべしである。又大いに日本医学の声価を高くしたことは我等も肩身の広くなるを覚える。因みに野口博士が大動脈閉鎖不全を持っていたことは余り広く知られてないようだ。(山川先生追悼録による)。

 

*野口は人種差別は受けるは、免許証がないから医師からは差別されるは、貧乏研究員なので「山師」の様な発想はするは、今の大統領のように地位を無くすと借金の返済を迫られるかも知れないは、とにかく自転車操業。舌を出してハッハしながら嗅ぎ回っている犬のような小柄な研究員だったと推測される。決して「三波春夫でございます、お客様は神様です」なんて事は冗談にも言えなかっただろう。

 

*そこが私には痛々しいほどの奮闘と映り共感も同情も何でもかんでもこの人の人生に感じましてこのような記録をする次第なり。・・です。「清作!負けたらいかんぜよ、生きて生きて生き抜け!(金八先生)」武田鉄矢

せせらぎの小道:猪苗代城(亀ヶ城)

桜の季節を避け新緑の頃、猪苗代城祉を観た。

f:id:kuwanomura:20201127095128j:plain

大手口:枡形虎口。穴太積(あのうずみ)の石垣。

f:id:kuwanomura:20201127095323j:plain

f:id:kuwanomura:20201127095351j:plain

本丸跡を見上げる。

f:id:kuwanomura:20201127095452j:plain

北に磐梯山、南に猪苗代湖、東に川桁連峰を観る丘の上に建つ城である。

猪苗代城は別名亀ヶ城ともいわれる。

 

奥州合戦源頼朝対奥州藤原)によって会津を与えられた相模国御家人佐原義連の孫:経連が鎌倉時代初期に築いたといわれている。経連の子孫は代々猪苗代氏を名乗り、地頭として一帯を治めていた。その過程において築城されたとみられている。

会津盆地を治めていた蘆名氏も佐原義連の血統で、猪苗代氏とは同族である。猪苗代氏は本家・蘆名氏に対しては、反逆と従属を繰り返し、最終的には、天正17年(1589年)の摺上原(すりかみはら)の戦いの直前に、当時の当主・猪苗代盛国が伊達政宗に内応し、蘆名氏を滅亡に追い込んだ。

豊臣秀吉の奥州仕置によって伊達氏が会津を離れると、盛国も猪苗代を離れ、約400年にも及ぶ猪苗代氏の支配が終焉した。

 

その後、会津領主は蒲生氏郷上杉景勝、蒲生秀行、蒲生忠郷、加藤嘉明、加藤明成と続くが猪苗代城は会津領の重要拠点として、江戸幕府一国一城令発布の際もその例外として存続が認められ、それぞれの家中の有力家臣が城代として置かれた。

寛永20年(1643年)に保科正之会津藩主となると、猪苗代城には城代が置かれ、正之の死後はその墓所(正之は城の北、土津神社に葬られた)の守護という重要な役目も担った。土津神社:はにつじんじゃ。

 

慶応4年(1868年)の戊辰戦争の際、母成峠の戦いで西軍が東軍を破って会津領へ侵入すると、当時の城代・高橋権太夫は城を焼き払って会津へ撤退し、建物は全て失われた。

 

明治38年(1905年)日露戦争の戦勝記念として町内の有志が桜を植樹し、その後、公園として整備された。

野口英世(清作)は幼少時代に城跡でたびたび友人と遊んでいたという。清作の父「佐代助」の実家「小桧山家」は猪苗代氏の子孫にあたるため、清作も猪苗代氏の子孫ということになる。

猪苗代城祉の一角:本丸を望む位置に野口英世の首像(ブロンズ)が鎮座している。アメリカから寄贈されたものという。

 

野口の一生を思うとき、この人の具現した明治人気質を胸が痛むほど感じる。学校を卒業するときに歌う「仰げば尊し」、その中で「・・蛍の灯火つむ白雪・・身を立て名をあげやよ励めよ・・」こう歌われる。野口は委細を一切捨てこの事に邁進した。その姿は痛々しいほどだ。

こう私が思うのは明治人気質が造り上げた偉人伝に依るのかも知れない。逆境にもめげず、苦学して、名をあげて・・・借金などは踏み倒して、婚約などは不履行にして、貪るように名声を求める、・・まあ良いか!

野口の科学する心意気は胸を打つ。

 

私はなぜか「蛍雪時代」という言葉が好きだ。余計なことは一切かまわず「学ぶ」・三昧境(ざんまいきょう)に浸る、そんなことが出来たときだ。

しかし野口を観るとき「あんた動機は何なのよ」(あんたあのこのなんなのよ:宇崎竜童)と言って微苦笑する時がある。

ちなみにこの微苦笑という言葉は久米正雄の造語らしい。私は夏目漱石の造語と思っていたのだが。

盛岡の不来方(こずかた)城に遊び「空に吸われし十五のこころ」と詠った石川啄木君とは少し趣が違うとも見えるが、野口も石川も同種同族とみて矛盾なし。

 

戊辰戦争後、猪苗代城祉は荒廃したままであったが、明治38年(1905年)日露戦争の戦勝記念として町内の有志が桜を植えた。その後、公園として整備され、現在でも、春になると花見客で大いに賑わう。

 

せせらぎの小道:介護施設のクラスター

2020年11月25日 NHK WEB NEWS

岩手県介護施設クラスター発生。他人事とは思えないので。

f:id:kuwanomura:20201125121515j:plain

f:id:kuwanomura:20201125121531j:plain

f:id:kuwanomura:20201125121550j:plain

2020年11月25日毎日新聞電子版。インドネシア、東京都議会。

f:id:kuwanomura:20201125121809j:plain

f:id:kuwanomura:20201125121834j:plain

f:id:kuwanomura:20201125121858j:plain

休業指示に応じない事業者:応じられないだけの深刻な理由がある:応じると生活が成り立たない:他

仕事やレジャーを理由に検査を拒否する=検査を希望しても検査してもらえなかった=希望して検査を受けると3万円くらいの料金がかかる=証明書を要求すると更に料金がかかる=料金は子供でも大人でも同じ=誰も行政を頼りにしなくなった

 

災害が発生すると、原発事故もそうですが、政治の拙さがぞろぞろと出てきます。それらを強権を発動して取り繕おうとすると増々ぼろが出てきます。

私の属している組織に限って言うならば、各員の自治意識を発揮してもらうような方策を採るのが早道だと思う。面倒な規約を設けないでPCR検査なり、唾液検査なりを実行して安心なり安全なりを得る方法は沢山あります。実行しているわけではないのですが、あるのです。実はそれを思いついてくれるのを待っているのが私の今の立場です。

 

せせらぎの小道:城館

城と館は区別される。守山城跡と郡山の城館:郡山市遺跡ガイドブック:郡山市教育委員会発行、より。

会津領支城配置

天正18年の蒲生領国

f:id:kuwanomura:20201124130123j:plain

天正19年以降の蒲生領国

f:id:kuwanomura:20201124130217j:plain

上杉領国

f:id:kuwanomura:20201124130308j:plain

再蒲生領国

f:id:kuwanomura:20201124130421j:plain

f:id:kuwanomura:20201124131642j:plain

f:id:kuwanomura:20201124131813j:plain

古郡山湖に始まる本ブログは紆余曲折をかさねながら、現代における郡山市の立ち位置、そして未来における郡山市の立ち位置を考えようとしている。目的が達成されようがされまいがさほどの頓着を覚えずに自由に漂わせて頂く。

これは江戸時代を迎える寸前の当地の様子。

せせらぎの小道:郡山商工会議所

f:id:kuwanomura:20201121090820j:plain

f:id:kuwanomura:20201121090839j:plain

2020.11.21.福島民友ニュース
 郡山商工会議所は20日、職員4人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。19日に1人、20日に3人の陽性が判明した。感染拡大防止のため、12月4日まで商工会議所の事務所を閉鎖する。

19日の感染確認を受け専務理事と職員、警備員ら約40人のPCR検査を行い、3人の感染が判明した。検査を受けた人のうち4人の結果が出ておらず、21日にも判明する見込み。

*人の出入りが多い施設です。新たなクラスターにならなければ良いがと思っている。

 

f:id:kuwanomura:20201121091829j:plain

2020年11月21日(土)毎日新聞電子版。全国的に見ても各自治体はお手上げの状態に見える。専門家組織は「感染をコントロール(制御)出来ない」と述べている。

そんな中での朗報。

f:id:kuwanomura:20201121093541j:plain

f:id:kuwanomura:20201121093603j:plain

 早期に実用化して欲しい。

せせらぎの小道:愁い

蔵王のうた:2番

 我等歌う陸奥に愛(は)しき山あり忘れじの山よ蔵王 ああ国分けて陸羽(りくう)の空にああ別れ咲く二つの愁い 若き命の胸に激しく深ければこそこの山に我等歌あり

 

奥羽山脈は東北の脊梁を形成する山脈。この山脈は東北を奥州と羽州に別ける。

その山脈の中に山の王者蔵王が位置し国を二つに別けているという雄大な情景を思い浮かべて欲しい。二つの国にはそれぞれ歴史人生が展開されているわけですがそれらの歴史人生をひとまとめにして「愁い」と歌うわけです。人生は愁いに富んだものという観念が私たちの心のなかにずっとある。あるいは哀愁というか。それが共感を呼ぶ。

蔵王のうたの中では「ふたつのおもい」と発音されている。

仙台という所は津軽・奥州・羽州から大勢の人々が学業、仕事のために集まるところだ。五能線に乗って羽州から来千したという友人も多かった。仙台で歌う「蔵王のうた」はまた格別の味わいがあるものです。

演歌と称される日本の歌はこの愁いを巧みに表現する。石川さゆりさんが「津軽海峡冬景色」を歌っても美空ひばりさんが「川の流れのように」を歌っても然り。小林旭さんが「熱きこころに」や「ギターを抱いた渡り鳥」を歌ってもそのように聞こえる。

ところが韓国の演歌のベースは違うらしい。それを「恨・はん」と表現すると聞いた。

ディーン・マーチンの歌う「ライフルと愛馬」にも哀愁があるな、そういえば。

 

f:id:kuwanomura:20201120110523j:plain

f:id:kuwanomura:20201120110542j:plain

杜の都仙台市の友人から悲鳴に近い電話が来た。関係者の感染が確認されたとかで今日はお休み、4連休。「親たちの協力がさっぱり得られない」という。いつも地雷ばかり踏んづけて大変な目に会っている友人なので「おとなしくしていたら」というのが精一杯のお励まし。

 

私たちの施設では県医師会長と契約を結びPCR検査など、を3万円も取られずに安く実施できることにした。私としてはこれを職員の安全のために活用したいという思惑があった。1~2週おきに外来スタッフの検査をするとか、訪問系の人達の定期検査にするとか、限りなくシロに近い人達を対象にしたかったのですが、今ひとつそこの所がご理解頂けなくて物事が進みません。

保健所さんもそういう方たちを積極的に検査して欲しいと言っているのです。「私たちはクラスター対策で精一杯だ」「安全確保のための検査はどうぞ民間でやってよ」と。

 

いつもお世話になっている開業医のI先生。「往診先で唾液を使った検査をしました、結果は陰性でした、コロナもインフルエンザも」という話だったので私は拍手喝采を送り「それに文句をつける人がいたら一緒に戦いましょう」と言ってshake hand 。